エクササイズの必要性

ずっと同じ体制のまま座っているとまず最初に痛くなってくるのが腰ですよね。仕事場ではデスクワークが多いので一日中座りっぱなしのことが多いんです。腰が痛いと結構つらいですよね。座りっぱなしというのも楽なようで実は結構しんどいもんです。腰痛と一生一緒に付き合っている、なんていうのは真っ平ですから時間のあるときはなるべく体を少し動かすようにしています。エクササイズをする、というような大げさなものではありませんが、ちょっと腰を伸ばしてみたり、前屈してみたり後ろに反ってみたり。本当にすぐできるような簡単なことばかりです。でもこういうちょっとしたエクササイズというのが一番身体に効くんですよね!

週末にはバトミントンをやったりとなるべくスポーツをするようにしています。スポーツで汗をかくというのは本当に気持ちが良いもんですよね。そのあとの食事もすごく美味しいし。こうやって今のうちから健康に気を使っていると将来病気も少ないような気がします。ちょっとの工夫で毎日元気よく過ごせるのって大切ですよね。

バーゲン☆バーゲン

昨日は久しぶりにすごく寒い一日でしたよね。外に出るのが本当に憂鬱。寒いのが大嫌いだから正直な話、こういう日は外に出ないことが一番だと思っています。ひとつ楽しみなことといえば本格的に最終バーゲンの時期なのですぐに着られる可愛い服が凄く手頃な値段で手に入るので、そういうちょっとお得なイベントの時だけは張り切って外に出ていっています。この間はWorldのバーゲンに行ってきました。大丸にはいっているWorld社全てがあつまって結構大きなバーゲンをやったんですよね。勿論大丸とは別会場ですよ。そんなに大きなイベントを大丸でしようものならお客さんが溢れて大変なことになっちゃう!

このバーゲンで可愛いコートを買っちゃいました。なんでこれが売れ残り!?って分からないような可愛いデザインのモノを買えたので本当にこのバーゲンに行ってよかったなァって思っています。後はちょっと可愛い、淡いピンクのセーターも買おうかどうか迷ったけれど、結局止めておきました。来年になったらもっと可愛いデザインのものが出てきそうだし、そうなるとこのバーゲンで買ったセーターが色褪せて見えそうな気がしたから。バーゲンの熱気に負けないように冷静に買い物をすることが必要だなぁってつくづく思います。

おいしいウナギ、みんなが大好きなウナギが絶滅の危機!?なんて聞いたら皆さんどう思うだろうか?他人事のように思うだろうか? 日本人は本当によくウナギを食べると思う。魚類よりも肉類を多く耐える欧米諸国と比べればそれは一目瞭然。元気がないとき、元気が欲しい時にウナギの蒲焼を食べる、土用の日にもウナギの蒲焼が店先に並ぶなど、本当にウナギを食べる機会がとっても多い。ある意味、国民的メニューになってきているうなぎ料理。日本人が安心して食べられるウナギを思い浮かべるとやはりそれは国産のウナギだろうか…。この記事が示すように今、国産のウナギが危機に瀕している。ウナギ好きの日本人にとっては悲しい話だ。でもその原因が実は自分たちにあるというのをご存知だろうか?

食事による大量の消費、食養ウナギの捕獲等、結局のところ私たちが食を楽しむために今日も多くのウナギが捕獲され、そして絶滅の危機を迎えるまで問題は深刻化した。日本は世界一のウナギ消費国だという。 私たち日本人はウナギの保護をそろそろ考えても良い頃なのではないだろうか。